i-industry’s blog

クルマ、カメラ、やや経済についてしこしこ綴っていきます。

暇ブログ

先日卒業式を迎え,晴れて学士を頂くことができました.
Bachelorと書いた証書もいただきましたが,何に活かすのかは全くもって不明っす.

今春からも学生なので,あまり変化のない生活が始まりそうではありますが,勉学に楽しみつつ邁進していく所存であります.

と,柄にもなくマジメに書き出しましたが,正直この2週間位は休みなし.
なんか体調を崩しがちだし,いい加減休みが欲しい.

3月中旬:東京旅行
3月下旬~現在:学外実習・研究


東京旅行では,いかにも「お上りさん」という旅行を満喫しようと思い,色々行って参りました.

 

f:id:i-industry:20150330232813j:plain

f:id:i-industry:20150330232832j:plain

スカイツリー×河津桜.綺麗ですなあ.たぶん今は散っている模様.

そして,初の靖國神社参拝.

f:id:i-industry:20150330232546j:plain

f:id:i-industry:20150330232430j:plain

 

戦没者を祀ってあり,確かに中韓諸国は反発するのはわからなくもない.
しかし,靖國神社の設立の歴史的な背景を考えると,次のように解釈ができる.
靖國神社の役割は,日本有史以来の兵法に尊敬の意を示すとともに,その成果・悲惨な結果に哀悼の意を示す場でもあると思うのです.

そのため,戦犯がどうこうとか,戦争責任が,と叫んで放火するのはお門違いでしょう.
そして,参拝することで政権の浮上を考えようとパフォーマンスする議員もいかがなものか.
ま,このへんは影響力のある人が考えることなので,我々がどうこういう問題でもないんでしょうが,参拝によって何を感じるかくらいは考えても良いのではないでしょうか?

境内の一角にある博物館(遊就館)内には日本古来の兵法,大東亜戦争時の兵器等が展示されていました.
まあ非合理的・非人道的な兵器ばかりで,圧倒される所も多かったですね.

現在の戦闘機や戦車は,あくまでも平和維持のための道具であり,殺戮兵器ではありません.
相手を一人でも多く倒すための道具を,当時のエンジニア(設計者)はどのような気持ちで設計し,製造していたのか非常に気になりますね.

 


その後,全く異なる分野のことで打ち合わせ&交流会が開催され,参加してきました.
まあ,コレはコレで非常に楽しい.渋谷あたりで客引きと喧嘩して酔いが一気に回ったのもいい思い出(泣)
やっぱりJTS-Brownは最高です!!

その翌日にもイベントに参加してきました.若干二日酔いでしたが(汗)

これはあんまりオープンなイベントでは有りませんでしたが,非常に楽しかった.
それにしても3月とは思えないくらいに寒かった(震)
地元に帰ってきてから寝こむ暇もないくらいに,学外実習なのでした.

それ以来,休みなし.4日くらいひたすら本を読む日が欲しいです.